脳科学者の茂木健一郎氏が特別アドバイザーに就任。台湾発AIスタートアップのawoo Japan発表

脳科学の観点からマーケティングのあらゆる課題に切り込むコンテンツ企画・イベント等に協力へ
人工知能による完全自動マーケティングプラットフォーム「nununi」を提供するawoo Japan 株式会社(本社:東京都新宿区、代表:林思吾、以下、awoo Japan)は、特別アドバイザーとして脳科学者の茂木健一郎氏が就任したことをお知らせします。今後、awoo Japan主催のイベント登壇など、プロモーション活動に協力いただき、nununiのビジョンである「偶発的消費をデジタル化する」ことの重要性を脳科学的な観点からアドバイスをいただき、啓蒙活動のサポートを行って頂くことになりました。

茂木健一郎×吉澤和之
茂木健一郎×吉澤和之

 

【茂木健一郎氏のコメント】
吉澤さんとは何度も仕事やプライベートでお会いさせて頂き、その度にマーケティング業界が抱える課題やawoo Japanがやろうとしていることの熱意を伝えてくれていました。彼の実直な姿勢に惹かれたのもありますが、何より非常に優れた人工知能技術を持っている会社です。圧倒的な熱量と優れた技術力、この2つが組み合わさることで、今後の彼らの成長に期待できないはずがありません。ぜひ一緒に盛り上げていきましょう!

【日本事業開発責任者 吉澤和之のコメント】
昨年ホワイトペーパーの企画で初めてお会いしてから、様々な意見交換をさせて頂きました。そのなかで、我々の「商品情報だけで消費者の購買動機を推定する人工知能技術」と「偶発的な消費をデジタル上で再現するというビジョン」を評価頂き、茂木さんが研究されているセレンディピティやクオリアというテーマとも方向性が合致をしたため、この度アドバイザー就任を快く引き受けて頂きました。脳科学者としての立場から様々なアドバイスを頂けるのは、我々にとっても、またマーケティング業界全体にとっても大きなベネフィットをもたらすでしょう。様々な期待を胸にして、これからも小売業界の皆様のご支援を続けてまいります。

nununiについて
nununi(ヌヌニ)は「商品理解」と「行動理解」を組み合わせたアジア初のオムニチャネルマーケティングオートメーションプラットフォームです。Eコマースにおいて最も重要なのは、探しやすさです。nununiは、高度な人工知能技術を搭載し、顧客のマイクロニーズを的確に捉え、購買動機に基づく最適な検索体験を可能にします。顧客が欲しいと思う商品をより的確にお届けするソリューションであり、ECサイト運営における顧客獲得・顧客転換・顧客維持の全てを最適化します。

awoo Japanについて
awooは台湾にて2015年に設立し、台湾市場においてSEOとEmail配信の分野で業界シェアNo.1のMarTech企業です。これまでに13,000社を超える企業にサービスを提供。また、AIを活用したSaaSツールの開発を目指してシリコンバレーの上場企業創業者より投資を獲得、10名以上のAI科学者率いるAI Labを擁し、2020年1月、アジア初のオムニチャネルマーケティングオートメーションプラットフォーム「nununi」をリリースしました。awoo Japanは2018年に設立し、2020年8月より日本市場へ本格参入を果たしました。

〈企業名〉awoo Japan株式会社
〈所在地〉東京都新宿区四谷4-26-6テクノ四谷3F
〈代表者〉林思吾
〈事業内容〉AI技術nununiを使ったECサイト運営ソリューションの提供
〈URL〉サービスサイト:https://www.nununi.jp/ 企業サイト:https://awoo.co.jp/
〈SNS〉Facebook https://www.facebook.com/ecnews.nununi/

関連記事

カテゴリー