ニュース

最新情報をお届けします

2022-12-27
分享在 facebook
分享在 twitter

【活用事例】4°C、タカラトミーによる回遊率・CV率の改善

awoo AI が生成する商品ハッシュタグを起点にECサイトの回遊率とCV率を改善

 

グローバルAIテックカンパニーのawoo Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表:林 思吾、以下、awoo Japan)は、提供するAIマーケティングソリューション「awoo AI」(読み方:アウーエーアイ) を利用する、エフ・ディ・シィ・プロダクツ(4°C)、タカラトミーにおける2社の活用事例を公開しました。

 

▼エフ・ディ・シィ・プロダクツ(4°C)での「awoo AI」活用事例はこちら
https://awoo.ai/ja/whitepaper/awoo-ai-case-study-fdcp/

回遊率を2.9倍、CV率を2倍に改善
埋もれていた商品をハッシュタグを使い効果的に訴求

-課題:
ブランド数・商品点数が多く幅広い商品訴求が困難だった

-導入:
お客様と予期せぬ商品との出会いを作り出すために『awoo AI』を導入

-効果:
サイト回遊率が2.9倍、CV率も2倍に伸長
埋もれていた商品をハッシュタグを使い効果的に訴求

 

▼タカラトミーでの「awoo AI」活用事例はこちら
https://awoo.ai/ja/whitepaper/awoo-ai-case-study-takaratomy/

回遊率を3.1倍、CV率を2.8倍に改善
ハッシュタグのトレンドからサイト内の検索ニーズも把握

-課題:
「商品レコメンドの強化」「楽しい買い物体験の提供」が必要だった

-導入:
ハッシュタグを通じて、こだわり軸で商品検索が可能な『awoo AI』を導入

-効果:
サイト回遊率が3.1倍、CV率も2.8倍に伸長
ハッシュタグのトレンドからサイト内の検索ニーズも把握

 

■ awoo AI とは

awoo AIは、商品理解を通して回遊と購買を生み出すAIサジェストプラットフォームです。awoo AIは2つのアーキテクチャで構成されています。awoo Product Discovery Platformでは、データフィードの情報をもとに商品特徴を表すハッシュタグをAIが自動生成します。そしてawoo AI Marketing Platformを通じてハッシュタグをサイト内に表示・随時最適化するとともに、画像レコメンドやサイト内検索のサジェストなど、あらゆるマーケティングチャネルに応用することが可能です。この一連の仕組みによって、回遊性やCVR改善などのCX指標を高めます。

サービスサイト:https://awoo.ai/ja/

 

■ awoo Japan について

2015年に台湾でawoo Intelligenceが設立され、台湾市場においてSEOとEmail配信の分野で業界シェアNo.1のMarTech企業となりました。2017年8月にはシリコンバレーの上場企業創業者より投資を獲得し、同年、10名以上のAI科学者を率いるAIラボを設立。グローバル展開を見据えて2018年2月にawoo Japanを設立し、2019年4月、awoo Japanを本社へ登記変更。2020年1月にAI×マーケティングソリューション「awoo AI」をリリース。同月、300万USドルの資金調達(Series-A)を実施。2020年8月より日本市場へ本格参入を果たしました。

〈企業名〉awoo Japan株式会社

〈所在地〉東京都渋谷区道玄坂1-21-1 SHIBUYA SOLASTA 3F ビジネスエアポート渋谷南平台

〈代表者〉林 思吾

〈事業内容〉AI技術を活用したマーケティングソリューション、awoo AIの提供

〈URL〉https://awoo.ai/ja/

〈採用情報〉https://open.talentio.com/r/1/c/awoo/homes/4001

〈SNS〉Facebook|https://www.facebook.com/awooJapan

      Twitter | https://twitter.com/awoo_Japan 

 

分享在 facebook
分享在 twitter